人気の宅配ボックスランキングTOP5!口コミで評判の高い宅配ボックスを厳選・比較しました。

消防庁も注意喚起!宅配ボックスが招いた思わぬ事故とは

公開日:2022/01/15

マンションエントランス部分に設置された宅配ボックス。日常生活で、気を留めることなく使用しているのではないでしょうか。しかし東京都内において、その宅配ボックスに関連した事故が数件発生しています。今回は、消防署が注意喚起している宅配ボックスが招いた思わぬ事故を紹介します。

宅配ボックスに閉じ込められる事故

平成28年6月、東京都内において、7歳の子どもがマンションエントランス部分に設置された宅配ボックスの中に閉じ込められるという事故が発生しました。事故当時、子どもは友人とかくれんぼをしていたということです。

そして、友人宅のマンションエントランス部分に設置された宅配ボックス内に隠れ、何らかの原因で鍵がかかってしまい、出られなくなってしまったと考えられます。しかし、この事故だけに限らず、同様の事故が過去にも3件発生しています。

平成25年7月には3歳男児が、宅配ボックスから出られなくなりました。また、平成24年9月には、子ども4人がかくれんぼをした際に、起こった事故です。ある子どもが宅配ボックスに入って隠れているところに、他の子どもが外からダイヤルを動かして、ロックがかかって出られなくなってしまいました。

平成24年4月には、5歳男児が兄と自宅マンション内の宅配ボックスで遊んでいる時に扉が閉まり、自動的にロックがかかって出られなくなった、という事故が起こっています。日頃から子どもに事故の危険性を教えて、宅配ボックスで遊ばないように注意しておきましょう

熱中症の危険性

幸いな事に、上記の事故はどの件でも、大事には至りませんでした。しかし万が一、気温が上昇する夏に長時間放置されるなら、熱中症等の重大事故へと発展する可能性があります

熱中症は、誰重篤化することもあるので、初期症状の見極めが重要なポイントです。熱中症による脱水で、とくに影響を受けやすい臓器として、脳・消化器・筋肉が挙げられます。目眩や立ちくらみ、食欲の低下、筋肉痛などこれらの臓器から出る症状が見られる時には熱中症が疑われます。

熱中症が疑われる場合には、まず涼しい場所に移動しましょう。屋外なら日陰で風通しのよい所、室内ならエアコンの効いたところに移動します。次に、冷たいペットボトルを手に持ち、首や両脇・鼠径部などの太い血管がある場所を冷却しましょう。衣類のきつい部分をゆるめ、露出した部分に冷水をかけて、うちわや扇風機などで風をかけることでも体を冷やせます。

さらに、熱中症の応急処置として、塩分を同時に補給することのできる経口補水液をゆっくり飲みましょう。経口補水液がない時は、スポーツドリンクや水を充分に飲むことが大切です。ただし、意識がはっきりしない時や、嘔吐のある時は無理に飲むことのないようにしてください。これらの対処で症状が収まるようだったら、自宅で安静にしておくようにしましょう。

意識がしっかりしていない場合や、自分で水が飲めない場合は医療機関での処置が必要になります。この場合は、自分で対処するのではなく、すぐに救急車を呼びましょう。

盗難などの事故も起こる可能性も

宅配ボックスは、不在時でも配達が完了できるよう、玄関先に設置されたロッカーのような設備です。とても便利なシステムではあるものの、盗難などの事故が起こる可能性もあります。

1つ目に、宅配ボックスの開錠番号が知られることで、盗難が起こることが考えられます。配達員が暗証番号を設定するタイプの宅配ボックスの場合、郵便受けの外から粘着テープを使って暗証番号が記載された用紙を抜き取るという手口を使うことでしょう。

2つ目に、個人で設置する外付けタイプの宅配ボックスは比較的軽量で持ち運べるものがあるため、ボックスごと持ち去られる可能性があります。

事故や事件を防ぐためには

宅配ボックスでの事故や事件を防ぐためには、どうしたらいいでしょうか。まず、身近にある宅配ボックスの危険性を考えましょう。宅配ボックスでの事故は、子どもが遊んでいる時に起きています。親が子どもたちに、宅配ボックスの正しい使い方や、間違った使い方をしっかり教えるなら、事故を防ぐことにつながります。

また、宅配ボックスでの盗難防止のためには何ができるのかといえば、個人の宅配ボックスの場合は、頑丈なチェーンやワイヤーで固定するなどして、簡単には持ち運びできないように工夫しましょう。マンションの管理会社や管理人に相談して建物全体での防犯を意識することもできます。

 

この記事では、消防署が注意喚起している宅配ボックスの事故を紹介しました。宅配ボックスは確かに便利です。しかし、宅配ボックスに関連した事故や事件も起こっているのが現状となっています。そのためまずは、個人や家族で宅配ボックスの危険性についても考え、対策を練っておくことが重要です。充分な安全対策をして、事故や事件から身を守っていきましょう。

おすすめの宅配ボックスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配KEEPER
(エスディエス株式会社)
ナスタボックス
(株式会社ナスタ)
COMBO
(パナソニック株式会社)
宅配ボックス
(株式会社 LIXIL)
宅ロウ
(コーワソニア株式会社)
特徴宅配ボックスの大きさは業界最大クラスの大容量カメラ付きドアホンで万全のセキュリティ対策受取だけでなく、不在時でも発送可能スマートフォンと連携することで受け取りがスマートにシックなデザインと豊富なカラーでどんな家にも似合う
詳細

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧