人気の宅配ボックスランキングTOP5!口コミで評判の高い宅配ボックスを厳選・比較しました。

宅配ボックス設置にかかる費用を抑える方法!補助金は出るの?

公開日:2021/05/15


不在時でも荷物を受け取ることができる宅配ボックスは、とくに普段家にいない人にとっては便利なものです。宅配ボックスを設置していない人でも、その便利さから設置を検討している人もいるかもしれません。設置にあたり、少しでも費用を抑えたいと思うでしょう。設置費用を抑える方法はあるのか、また補助金はあるのかを今回は紹介します。

宅配ボックス設置費用の相場

宅配ボックスは、不在時でも荷物の受け取りができる便利なアイテムです。マンションだけではなく、戸建てにも普及しているといわれています。ここでは、戸建ての宅配ボックスの設置費用の相場を紹介しましょう。宅配ボックスの設置費用として、宅配ボックス本体の費用と設置工事が必要な場合は工事代金が発生します。金属製で大型の宅配ボックスを取り付ける場合には、基本的には工事が必要です。施工方法は玄関周りの床面に据え置いて、取り付けるのが一般的です。

壁への埋め込みタイプやポール取り付けタイプもあります。宅配ボックスはさまざまな種類があるのです。金額はあくまで相場ですが、玄関周りのコンクリート床面に、据え置きの形で取り付け工事を行う一般的な宅配ボックスだと、宅配ボックス本体が3万~8万円程度、取り付け工事にかかる費用が1.5万~2.5万円程度、合わせて5~10万円ぐらいが目安になるでしょう。

また、取り付け工事にかかる作業時間は、半日程度が目安です。金額はあくまで目安であり、取り付ける床面の素材(コンクリート、タイル、砂利、など)、施工方法、宅配ボックスの種類などによって費用は変動します。大半の宅配ボックスは電源を必要としないため、特殊なものを除いて、電気工事は必要ないと考えてよいでしょう。どのようなタイプの宅配ボックスを、家のどの位置に、どのように取り付けたいか、すでにイメージがはっきりしているのであれば、一度、施工業者に見積もりをとってみるのもよさそうです。

宅配ボックス設置に補助金が出る?

宅配ボックスを設置する際は、少しでも費用を抑えたい人が多いでしょう。費用を抑えるためにさまざまな工夫をしている人もいるのではないでしょうか。補助金や助成金のような制度はあるのかについて解説しましょう。宅配ボックスが関係する制度として、国土交通省の「次世代住宅ポイント制度」があります。これは、住宅を新築またはリフォームする場合に、特定の設備を設置すると「次世代住宅ポイント」と呼ばれるポイントが発行されるという内容のもので、宅配ボックスもその設備に含まれるようです。

しかしこれは、あくまで住宅を新築、リフォームするときの制度であるため、単に「自宅に宅配ボックスだけを設置する」という場合には、制度の利用要件を満たすことが厳しく、事実上使うことができません。また、この制度は2020年3月31日で申請期限を迎えています。それ以外では事業者が、宅配ロッカーを設置する場合に補助金を受け取れるといった内容の、業者向けの制度しかありません。

現状では個人が使える補助金はなさそうです。受取人が不在で再配達による負担増大が問題になっているという背景があり、政府は助成金を出してまで、宅配ボックスを推奨していました。しかし2021年4月現在、個人が自治体によっては補助金制度がある可能性があるため、住んでいる市町村で宅配ボックス設置の補助金制度があるかどうか確認してみるとよいでしょう。

宅配ボックス設置にかかる費用を抑える方法

個人での補助金利用がないので、宅配ボックス設置にかかる費用は、工夫すればある程度抑えることができます。

自分で取り付ける

コンクリート負荷面に据え置きで固定するタイプであれば、自分で取り付けることもできます。コンクリートにドリルで穴をあけ、ボルトを埋め込む作業が必要となるでしょう。DIYが得意な人であれば、チャレンジしてみるのもよいかもしれません。自分で取り付ける場合は、取り扱い説明書や施工説明書をインターネットの商品サイトから確認しておきましょう。

工事不要な宅配ボックスを選ぶ

宅配ボックスの中には取り付け工事が不要なタイプもあります。工事が必要ないので、工事費用をなくして自分で設置し、すぐに使い始められるのです。

簡易型の宅配ボックスを選ぶ

折りたたみ可能な宅配ボックスであれば、かかる費用を数千円に抑えることができます。このタイプは、ワイヤーでドアなどにつないで固定する作りになっていることが多いようです。ペンチやナイフでボックスの中に入っている荷物を抜き取られてしまう、セキュリティ面で不安があるでしょう。一方、簡単に設置できるのみならず、使わないときはたたんでしまっておける、アパートでも設置できるといったメリットもあります。

 

宅配ボックスは、本体と設置費用で5~10万円が設置費用の相場といわれています。現在、補助金制度はほぼないといわれていますが、今回紹介した費用を抑える方法である程度抑えることができます。宅配ボックスの設置を検討している人は試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの宅配ボックスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配KEEPER
(エスディエス株式会社)
ナスタボックス
(株式会社ナスタ)
COMBO
(パナソニック株式会社)
宅配ボックス
(株式会社 LIXIL)
宅ロウ
(コーワソニア株式会社)
特徴宅配ボックスの大きさは業界最大クラスの大容量カメラ付きドアホンで万全のセキュリティ対策受取だけでなく、不在時でも発送可能スマートフォンと連携することで受け取りがスマートにシックなデザインと豊富なカラーでどんな家にも似合う
詳細

おすすめ関連記事

サイト内検索