人気の宅配ボックスランキングTOP5!口コミで評判の高い宅配ボックスを厳選・比較しました。

どちらを選ぶ?宅配ボックスの埋め込み型と据え置き型の違いとは?

公開日:2021/05/01


宅配ボックスは、家に不在でも宅配物を受け取ることができる便利なアイテムです。近年では戸建ての家でも、宅配ボックスを設置する人が増えています。宅配ボックスには複数種類があり、埋め込み型と据え置き型が代表的となっているようです。この記事では宅配ボックスの埋め込み型と据え置き型の違い、メリットとデメリットを説明します。

埋め込み型の宅配ボックス

埋め込み型の宅配ボックスはどのようなものか、メリット・デメリットなどについて紹介しましょう。

固定がしっかりとされるのが埋め込み型

埋め込み型の宅配ボックスは「固定型」とも呼ばれます。業者に玄関周りの地面や壁などへ固定する工事をしてもらい、設置することが一般的です。

埋め込み型宅配ボックスのメリット

埋め込み型の宅配ボックスは、地面や壁に固定されているため盗難の被害に遭いにくいというメリットがあります。また、構造や素材がしっかりしているものが多く、雨風や雪などへの耐久性が高いというところ、家の景観を損ねないデザイン性の高いものを選択できるというところも、利用者にとってはうれしいポイントではないでしょうか。

埋め込み型宅配ボックスのデメリット

埋め込み型の宅配ボックスは素材が頑丈なうえ、専用の工事が必要になるため工事費用が発生し、費用が高くなる傾向にあることがデメリットといえるでしょう。また、玄関周りの壁に直接埋め込む工事が必要となる製品は、リフォーム施工(後付け)できないものもあります。そのような製品は新築で家を建てる際、設計の段階で導入することが必要となるでしょう。

据え置き型の宅配ボックス

据え置き型の宅配ボックスは「簡易型」とも呼ばれます。地面や壁などに固定せず、その場に置いて設置するものが主流です。

据え置き型宅配ボックスのメリット

据え置き型の宅配ボックスは工事の必要がなく、購入したら置きたい場所に設置するだけなので手軽に導入できる点がメリットといえます。また、プラスチック素材でできている安価なものからステンレス製のものまでさまざまなラインナップがあり、予算を抑えたい人は3,000円台から気軽に導入できそうです。

据え置き型宅配ボックスのデメリット

据え置き型の宅配ボックスは地面や壁などに固定されていないため、ボックス自体を持ち去られる盗難被害に遭ってしまうリスクがあります。盗難防止のために金属ワイヤーや南京錠を使っていても、専用の工具を使えば簡単に切断されてしまうケースがあるため、セキュリティ性が低いというデメリットがあるといえるでしょう。

設置方法以外の宅配ボックスの選び方のポイント

設置方法以外にも、宅配ボックスを選ぶ際に考えるべきポイントはいくつか挙げることができます。さまざまな角度からポイントを解説するため、検討する材料にしましょう。

価格

宅配ボックスを設置するにあたって、およその予算は決めてある人が多いでしょう。手軽に設置できる「据え置き型」の宅配ボックスは、数千円台の安価なものから販売されており、頑丈で機能性の高いものは数万円するものもあります。設置工事の必要な「埋め込み型」は、リーズナブルなものでも数万円からと比較的価格は高くなるでしょう。

デザイン性

家の玄関周りの景観を重視している人は、デザイン性に着目して宅配ボックスを選ぶということもひとつの手段です。おしゃれなデザインのものや落ち着いたシックな色合いのもの、玄関周りの景観を損なうことなく自然に溶け込むものなど、自分の好みに合った宅配ボックスを探してみるのも楽しいでしょう。

機能性

近年販売されている宅配ボックスは進化を遂げていて、機能性に優れたものが多くあります。たとえば、自動で印鑑を押す機能のあるもの、防犯カメラのついたものなどが挙げられるでしょう。また、宅配ボックスは基本的に1度しか荷物を受け取れませんが、昨今では2度受け取れる宅配ボックスも登場しています。宅配ボックスのある生活を快適にするために、機能性にこだわって比較してみるのもよいかもしれません。

容量

宅配ボックスの大きさには、小さめのものから大容量のものまでさまざまなものがあります。まずは、宅配ボックスを設置する場所の面積がどれくらい確保できるのかを調べておきましょう。どれくらいの容量のものが設置できるのか目安を知っておくと、絞りこむ上でのひとつのポイントになります。

 

宅配ボックスの埋め込み型と据え置き型の違いについて、メリットとデメリットを挙げながら説明してきました。近年、宅配ボックスはさまざまな種類のものが販売されているので、どれを選べばよいか悩む人もいるでしょう。防犯性やデザイン性に優れた埋め込み型も、簡易的で比較的安価な据え置き型も、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の家に導入する宅配ボックスはどのようなタイプのものが適しているのか、また、どのような点を重視するのか、よく考えてから選ぶようにしてください。

おすすめの宅配ボックスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配KEEPER
(エスディエス株式会社)
ナスタボックス
(株式会社ナスタ)
COMBO
(パナソニック株式会社)
宅配ボックス
(株式会社 LIXIL)
宅ロウ
(コーワソニア株式会社)
特徴宅配ボックスの大きさは業界最大クラスの大容量カメラ付きドアホンで万全のセキュリティ対策受取だけでなく、不在時でも発送可能スマートフォンと連携することで受け取りがスマートにシックなデザインと豊富なカラーでどんな家にも似合う
詳細

おすすめ関連記事

サイト内検索