人気の宅配ボックスランキングTOP5!口コミで評判の高い宅配ボックスを厳選・比較しました。

宅配ボックスの設置方法はどれを選ぶ?状況に応じて判断しよう!

公開日:2021/04/01


不在時でも荷物を受け取ることができ、対面をする必要がないことから感染症対策にも役立つとあって、宅配ボックスは近年一般家庭にも普及しつつあるようです。中には、宅配ボックスの設置を検討している人もいるのではないでしょうか。今回は、どのような設置方法を選べばよいのか、宅配ボックスの仕組みから詳しく紹介するため参考にしてください。

宅配ボックスの仕組み

宅配ボックスには大きく分けて機械式・電子式の2種類あります。どのような仕組みになっているのでしょうか。

機械式

機械式の宅配ボックスはアナログ式ともいわれ、電源を必要としません。南京錠やダイヤル錠で施錠する製品が一般的です。ダイヤル錠の場合は、宅配業者が毎回設定した暗証番号を配達通知書に記載したうえでポストに投函し、受け取る際にはその暗証番号に合わせて解錠するという仕組みになっています。

電子式

電子式の宅配ボックスでは、カードキーやタッチパネルなどを利用して施錠・解錠を行います。スマートフォンなどと連動して、荷物の受け取りや確認を行える製品もあるようです。宅配ボックスの運営会社がオンラインで管理しているものもあり、セキュリティの高さが高評価されています。

宅配ボックスの設置方法

宅配ボックスにはどのような設置方法があるのでしょうか。

簡易タイプ

簡易タイプの宅配ボックスは、ポリエステルやプラスチックなどでできた製品が多く、軽くて扱いやすいのが特徴です。玄関先に置くだけで利用できる点がメリットでしょう。施錠方式は機械式のものが一般的です。簡単に設置できる一方、セキュリティ面ではやや劣るため、付属の鍵だけでなくワイヤーなどを利用して周囲に固定するなどの対策を行っておくとよいでしょう。

固定タイプ

固定タイプでは設置の際に工事が必要になりますが、地面などにアンカーボルトや接着剤で固定するため、宅配ボックスごと盗難されるリスクは軽減されるでしょう。機械式・電子式どちらの製品も販売されています。固定する場所としては、壁のなかに埋め込むものや玄関に固定するものなどさまざまです。また、スチールなどの金属製の製品が多く、宅配ボックスそのものも頑丈で、サイズ展開が豊富なのが特徴となっています。

ロッカータイプ

マンションなどの集合住宅に、あらかじめ備え付けられているのがロッカータイプの宅配ボックスです。施錠方式には機械式・電子式の2種類あります。また、オンラインで宅配ボックスの運営会社が管理しているところも多いようです。荷物によっては宅配ボックスに入りきらない場合があるため、仕様やサイズを確認しておくとよいでしょう。他の入居者が宅配ボックスを利用していて空きがない場合、荷物を受け取ることができない可能性があるため注意が必要です。

どの設置方法がおすすめ?

それぞれの宅配ボックスの特徴を確認したところで、住宅にあった設置方法を紹介しましょう。

賃貸住宅

賃貸住宅では設置の際に大がかりな工事はできないことがほとんどです。そのため、簡易タイプの宅配ボックスがおすすめでしょう。折り畳んでコンパクトに収納できる製品もあり、単身者向けの住宅でも置き場所に困らないというメリットもあります。しかし、軽量であることから宅配ボックスごと盗難される恐れがあるため、付属の鍵だけでなく、ワイヤーで周囲に固定するなどの対策をあわせて行っておくとよいでしょう。

一戸建て

一戸建ての場合は、しっかりと固定できる宅配ボックスがおすすめです。工事が必要になるものの、セキュリティ面で安心といえるでしょう。製品にもよりますが、玄関扉が開かない、通りにくいということがないように、設置場所をよく確認しておくことが大切です。

ポストと一体になっている製品や、複数個の荷物を受け取ることができるもの、家の外に出なくても荷物を取り出すことができるものなどさまざまな種類があるため、ライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。これから家を建てるのであれば、宅配ボックスを設置することを前提に玄関周りのレイアウトを考えるのもおすすめです。

集合住宅

近年、あらかじめ宅配ボックスが備え付けられたマンションやアパートなどの集合住宅も増えています。やや賃料や管理費が高くなる傾向はありますが、賃貸を探す際に条件のひとつに加えておくのもよいでしょう。備え付けがない集合住宅の場合は個人で設置できるのか、気になるところですよね。

集合住宅の廊下やエントランスは「共用部分」にあたります。そのため、無断で設置するのは難しいといえるでしょう。設置が可能かどうか、管理会社などに確認する必要があります。また、オートロックタイプの集合住宅の場合は宅配業者が玄関先まで行くことができないため、注意が必要です。

 

施錠方式や製品の素材など、宅配ボックスの種類は豊富にあります。自分のニーズやライフスタイル、居住環境に合わせて、適した宅配ボックスを探してみてくださいね。また宅配ボックスでは、生鮮品や貴重品など受け取ることができないものもあるため、注意しておきましょう。自動で押印できる製品や監視カメラ付きの製品など、便利機能が備わっているものもあることから、上手に活用したいものですね。

おすすめの宅配ボックスランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名宅配KEEPER
(エスディエス株式会社)
ナスタボックス
(株式会社ナスタ)
COMBO
(パナソニック株式会社)
宅配ボックス
(株式会社 LIXIL)
宅ロウ
(コーワソニア株式会社)
特徴宅配ボックスの大きさは業界最大クラスの大容量カメラ付きドアホンで万全のセキュリティ対策受取だけでなく、不在時でも発送可能スマートフォンと連携することで受け取りがスマートにシックなデザインと豊富なカラーでどんな家にも似合う
詳細

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧